頭痛はストレスや様々な原因で起きる~ズキズキ解消快適生活~

うつ病と頭痛

悩む女性

頭痛は、あらゆる病気の症状の1つとして起こります。現代病の1つであるうつ病でも頭痛の症状が起こります。うつ病は精神的ストレスなどが原因で発症する精神的な病の1つです。うつ病は精神的なストレスが大きな要因なため、日常生活のストレスの感じ方次第では反復性があるのが特徴です。国内でうつ病に悩んでいる人は非常に多く、およそ100万人がうつ病に悩んでいるとされています。うつ病は世界的には、その男女比は一般的には2:1で女性が多いという結果があります。国内では1:1という割合で、男女ともに発症率は同じくらいです。うつ病は、年齢に関わらずストレスの多い環境で過ごしている人に発症します。

うつ病には、精神、身体どちらにも症状があります。精神的症状としては、抑うつ気分、決断力の低下、無気力、自分自身へ価値を見いだせないなどがあります。また、身体症状としては、頭痛、睡眠障害、食欲不振、倦怠感、体重減少などがあります。うつ病を発症している人には、頭痛などの身体的症状がほぼ現れます。睡眠障害や食欲不振は、自律神経の乱れが大きく関係しています。自律神経の症状は様々な形で現れるため、これといった決まった症状はありません。そのため、うつ病は抑うつ症候群と呼ばれることもあります。うつ病は反復性があるため一度治療を行なっても、再発し症状が発症することがあります。ストレスへの適応能力は人によって違います。そのため、ストレスに対しては、柔軟に対応していくことが必要です。うつ病が原因の頭痛を解消する際には、専門のクリニックで医師の診断を受け、治療を行なうと良いでしょう。